温泉街への日帰り取材旅行 私は小説家です。しかし、ひと口で小説家といっても、種類はさまざまで、本を1冊出せばたちまち数百万部のベストセラーになる有名な作家先生もいれば、1冊の発行部数が千部にも満たない小じんまりとした作家もいます。残念ながら、私は後者の方で、細々と作品を書きながら、生計をたてています。現在、私は次回作の構想を練っています。次回作は、温泉街を舞台にした殺人事件をテーマにしようと考えました。地域で古くから親しまれている老舗旅館で事件が発生し、たまたま旅館に泊まっていた探偵とその助手が、みごとな推理で事件を解決に導いていくというのが、おおまかなストーリーラインとなっています。私は、このストーリーを一層リアルなものにするために、取材旅行を計画していました。想像をふくらませて、温泉街や老舗旅館の雰囲気を描写することはできますが、やはり実際に見たものを書くのと、想像だけで書くのとでは、リアリティがまったく違います。とはいうものの、作品の締め切りが迫ってきているので、私には時間があまりありません。そこで私は、日帰りで温泉街に出かけることにしました。現地で取材をする時間は少なくなりますが、日帰り旅行でも、旅館や風呂場の雰囲気を肌で感じることができます。こうすることで、私がこれから創造する作品は、より完成度の高いものになるに違いありません。日帰りのツアーに参加し、綿密な取材を終えた私は、次回作の執筆をスタートさせました。